他店でジェルネイルをされていたお客様で「1週間から2週間くらいで浮いたり、欠けたりして持たないんです」とお話を聞くことがあります。

ジェルネイルが持たない原因

ジェルネイルの持ちは個人差はありますが、だいたい3〜4週間くらいです。

それが2週間持たないということは何かしらの原因があります。例えば

  • 指先をよく使う
  • 爪が乾燥している
  • 爪が痛んでいる

などです。

今まで持ちが良かったのに急に持たなくなったという場合は爪の乾燥や痛みが考えられますし、特定の指だけや先端から欠けてしまう場合は指先をよく使うため負荷がかかっていて持たないなどが考えられます。

これらに対する対策方法があるのでご紹介します。

指先を良く使うの対策

「指先をよく使う」ということは爪に負荷が掛っています。無意識に使う指先ですが、日常のどの作業でよく使っているのか気にしてみて、なるべく負荷が掛からないようにする。

例えば、シャンプーをする時に爪先でガシガシ洗っていませんか?その行為こそ爪に負荷を掛けている行為。

シャンプーは指の腹でするようにしてください。

又、商品の包装を開ける際にビニールやシールを爪でカリカリしていませんか?

その行為も爪に負荷を掛ける行為です。

爪ではなく、ハサミやカッターを使うようにしてください。

爪の乾燥の対策

爪の周りの皮膚が硬くなっていたり、爪の表面に縦筋が入っていませんか?それこそ乾燥です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-20-12-22-06

「爪の乾燥」であればキューティクルオイルを爪の周りに塗ってあげてください。

ただ塗るのではなく、親指で爪周りをくるくると円を描くように優しくマッサージしながら塗り込んであげるとしっかりと保湿することができますよ。

爪の痛みの対策

「爪が痛んでいる」というのはジェルネイルをつける時や、オフをする時に爪の表面を削るために痛んでしまうことがありまます。

爪が痛んでいるという状態は削られることでもともとの爪より薄くなり、柔らかくなってしまっている状態のことをいいます。

ご存知でない方も多いのですが、ジェルネイルには爪の表面に傷をつけてジェルを爪に染み込ませて密着するものと、削らなくても密着するのものの2種類があります。

爪が痛んでしまっているのであれば、爪の表面を削ることをやめないといけないですよね。

爪の痛みが気になる方は削らないジェルネイルを選んでみてください。

削らないジェルネイル「パラジェル」

当店のジェルネイルは爪を削らない「パラジェル」を使用しており、爪の状態やライフスタイルに合わせて施術をさせていただいております。

今までジェルネイルをしても2週間持たなかったというお客様も爪が健康になるにつれて3週間、4週間と持つようになってきています。

「こんなに持ったの初めて!」「爪を削らなくてもいいならその方がいいよね」ととても喜んでいただいております♬^^

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-22-14-19-02

ジェルネイルはしたいけど持たないし。。。と悩まれている方はVitaヴィータにお越しください☆

乾燥や、気になることがありましたらいつでもご相談くださいね。

 

 

ご予約、お問い合わせはこちらから

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
固定電話番号もしくは携帯電話番号 (必須)

お問い合わせ内容 ( 希望日&時間 等 )
※当日のご予約をご希望の場合は、お電話にてお問い合わせください

大阪 帝塚山 阿倍野 住吉 住之江 パラジェル認定ネイルサロン ネイルスクール

パラジェル認定サロン Vita 写真 2016-06-22 12 02 42

大阪市大阪市西成区玉出東二丁目9番23号

シャインマンション帝塚山1F

TEL: 070-5268-1510

営業時間 10時〜18時(最終受付)

定休日 月曜日・第二火曜日

日曜日はご来店時の次回予約のみ受付となります